大人ニキビを治す方法

大人ニキビ治す方法

  1. 大人ニキビと思春期ニキビ
  2. 大人ニキビは思春期ニキビの治し方とは違う
  3. 大人ニキビの治し方 ストレス解消
  4. 大人ニキビは病院で治す
  5. 生活の乱れが原因の大人ニキビ
  6. そのスキンケアあっていますか?

 

大人ニキビと思春期ニキビ

大人ニキビも思春期のニキビもできるメカニズムそのものは同じです。
ニキビの2大要因は過剰に分泌される皮脂と毛穴の詰まりです。余分な皮脂が酸化したり、古い角質が剥がれずに毛穴に残ったままで角栓になることで、皮膚内にニキビ菌が増殖し、炎症を起こしてニキビになる、というのがニキビのメカニズムです。

 

しかし、大人ニキビと思春期のニキビは、できるメカニズムは似ていてもできる原因や対策が大きく異なります。それは大人と思春期では、身体の状態が異なっているからです。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビはおもに成長期によるホルモンバランスの変化が原因で、一時的に男性ホルモンが多く分泌されて、その結果皮脂が過剰に分泌されることによって起きます。場所はおでこや鼻周りのTゾーンにできやすく、思春期が過ぎた頃にホルモンバランスが整ってくると落ち着く傾向があります。対策も、基本的には溜まった皮脂やニキビの原因となりやすいアクネ菌を洗い流し繁殖させないようにすることがメインとなります。

 

大人ニキビ

一方大人ニキビは、おもに生活習慣の乱れとストレスによる過剰な男性ホルモンによって分泌される皮脂が増加し、同時に肌が乾燥化して肌のターンオーバーが乱れることで角質が厚くなることで起きる傾向があります。ただ他にも活性酵素によるもの、加齢による肌の劣化、生理前のホルモン分泌の変化などの要因もあり、皮脂関連以外にもさまざまな要因が複雑に絡み合っているといわれており、厳密には解明されていません。
場所はあごや口の周り、フェイスラインのUゾーンにできやすいこと、同じ場所に繰り返し出来やすく、直りにくい傾向があります。
また、思春期のニキビと比べて一面に炎症がでるのではなくぽつりぽつりとでる傾向があります。一度ニキビができると、その炎症がきっかけで肌の表面に角質が厚くなるため、同じところにニキビが出来やすくなります。

 

対策はニキビの出来た箇所によって原因が違ってくるために、対処方法もそれらの箇所に応じた対策を打つ必要があります。また部分部分のスキンケアのほかにも、栄養バランスの取れた食生活や睡眠を心がけることではじめてニキビを改善することができます。

 

また同じ場所に繰り返すニキビに対しては炎症による角質増殖を抑えるトラネキサム酸入りのものをつかうことで改善することが出来ます。
似ているようで異なるのが、大人ニキビと思春期のニキビ。原因に応じた正しい対策をうっておくことがニキビ改善の近道なのです。

 

▲戻る

大人ニキビは思春期ニキビの治し方とは違う

ニキビにはいつくか種類があるのをご存知でしょうか?
それは、思春期ニキビと大人ニキビです。
どちらもニキビができる過程と原因は同じですが、対処法が違います。

 

ホルモンバランスの乱れ、毛穴にアクネ菌があることでニキビができます。
思春期のときには、ホルモンバランスの不安定が余計な皮脂を作り出し、そのまま毛穴を通して放出されている状態で、そこにたまたまアクネ菌があることでニキビが発生します。
この場合、単なるその毛穴に詰まった皮脂を取り除くだけでも治すことができます。
というのも、特別な保湿にしなくても常に肌は潤っていることが多く、返って保湿をつけることでニキビを増やす方もいます。
10代ならではの“ニキビは青春のシンボル”そのものです。

 

ところが大人ニキビの場合、ホルモンバランスの乱れは、ストレスだったり、体調不良が原因です。
そんな時の肌の状態は、ストレス回避のためのベタベタ脂質状態か、カラカラの乾燥肌になっていることが多いのです。
体内で余計に皮脂が毛穴から放出した時、自然保湿ではなく、極端なベタベタかカサカサという最悪な状態です。

 

大人ニキビを治す方法としては、まずは正しいスキンケアです。
脂質が多ければ水分多めの保湿、カサカサでは保湿剤をきちんとすることが大切です。
原因であるホルモンバランスの乱れも解消しなければ大人ニキビはスキンケアだけでは治らない厄介なものです。
思春期ニキビとはニキビそのものは同じですが、肌状態が全く違うので、同じスキンケアでも大人ニキビは特別気を使わなければならないということです。

 

▲戻る

大人ニキビの治し方 ストレス解消

大人ニキビの原因として大きいのはストレスです。
ストレスという言葉は良く聞きますが、実は体内では、脂質を多く出している状態を言います。
ストレスを感じている時、交感神経が鋭く働いています。
これは、興奮剤として、血液の流れを良くするとともに、脂質を盛んに分泌させます。
女性でも男性ホルモンの分泌が多くなって、ホルモンバランスの乱れが生じます。

 

体内でのホルモンバランスの乱れが続いて、交感神経が研ぎ澄まされている状態ですと、ギトギト年とした肌になるだけではなく、スキンケアを怠ると一気に肌が荒れてしまう厄介なときです。

 

そんな時に、たまたま肌に付着したアクネ菌があることで、大人ニキビの原因になります。
この時の特徴として、下顎付近にできたり、Tゾーンなどにできやすいとされています。
この時に普通にニキビができたからと、ゴシゴシ洗顔してしまうと、もともと肌が荒れていますから、肌全体が荒野状態になります。
もちろん汚れは落とすけれど、この時に気をつけたいのが保湿です。

 

荒れた肌に十分な水分と保湿で蓋をすることで、体内からの皮脂がでたとしても、アクネ菌を寄せ付けないバリアを作ることが大切です。
そして、ホルモンバランスの乱れを治すため、交感神経の高ぶりを抑えて、副交感神経を働かすリラックス体制を作ることも必要です。
要するに、これがストレス解消になります。

 

大人ニキビがストレス原因ですから、いくらスキンケアを頑張ったとしてもなかなか治らないのは当たり前のことです。
体内のストレスがなくなることが何よりもポイントになります。

 

▲戻る

大人ニキビは病院で治す

大人になってからのニキビの治療では、市販のニキビ薬などは使わないことをオススメします。
今までは普通に治っていたかもしれませんが、きちんと治したいのなら、皮膚科に行くことをオススメします。

 

皮膚科のニキビ治療では、ニキビだけではなく、女性ホルモンなとどの錠剤が出ることが多いです。
これは、大人ニキビが単肌トラブルではなく、体内にも原因があることを示しています。
治療の段階では、現在とても忙しい、睡眠不足が続いている、悩み事等があるといったときには、肌につけるニキビ薬とともにホルモン剤が処方されます。

 

ストレス解消のためでもありますが、とりあえず体内のホルモンバランスの乱れを修復することで、体の内外からの大人ニキビの治療なり、これが一番早くキレイに治すことができるとされています。
以前CMなどで、ニキビは傷ですと言ったことが言われていましたが、本当に傷なのですから、きちんと治さなければニキビ跡ができたり、シミの原因になります。

 

思春期ニキビに関しても、ストレスが原因で起こることもありますが、ホルモンバランスが安定していないときには、容易にくすりの治療はしません。
そして、スキンケアに関しても、新陳代謝が良い思春期では、その働きでニキビを治すことができます。

 

大人にとっても、その新陳代謝の働きを良くすることは大切です。
ですから、医療機関によっては、大人ニキビの治療ですが、睡眠導入剤などの処方で、今はとにかく休息が大切と言われる治し方もあります。

 

▲戻る

生活の乱れが原因の大人ニキビ

大人ニキビができる原因では、生活の乱れが影響します。
毛穴は常に、少しだけの皮脂で水分の調節をしていますが、乱れた生活を続けていると、この皮脂と水分のバランスがおかしくなります。
人によっては、ブツブツや肌荒れを起こしますが、肌に常在しているアクネ菌がその皮脂と付着し、汚れが付くことでニキビに発展してしまいます。

 

乱れた生活では、正しい新陳代謝が行われずに、肌に古い角質などが残っています。
それをそのままの状態になっていたり、睡眠不足やストレスなどでホルモンバランスの働きがうまくいかないことで、皮脂が過剰に分泌されやすくなってしまいます。
そんな時に大人ニキビができやすくなってしまいます。

 

スキンケアをきちんと行うことは大切ですが、それだけでは追いつかず、とりあえず忙しい毎日が続いたりしているときには休むことも大人ニキビの治し方の一つです。
原因は、生活の乱れであり、それを解消しなければ、いつまでもニキビは治りません。
そして、治りきらずに、繰り返すことで、重症化してしまうと、治ったとしてもあとが残ってしまう結果になります。

 

大人ニキビのニキビ跡は消えません。
レーザー治療などを使っても、キレイにならないことがあるため、確実に治す必要があります。
生活の乱れが正常になったとしてね大人ニキビがあるときには、必ず病院で治すようにしてください。

 

▲戻る

そのスキンケアあっていますか?

ニキビケアは、その方の肌に合う方法が必要です。
毛穴は無数にありますが、それぞれ皮脂と水分のバランスを保っていますが、このバランスは季節によって、加齢によって変わります。
また、日々のホルモンバランスにも影響され、常に必要な事は、水分の補給と蓋の意味をする保湿です。
特に保湿に関しては、常に肌に合うものを見つけることです。

 

乾燥肌なのに大人ニキビが出る方については、完全に保湿が肌に合っていないことが原因です。
大人ニキビの場合、乾燥肌なのにニキビができることが多いです。
ターンオーバーのサイクルが乱れるのは、生活習慣もありますが、加齢になれば自然と遅くなってしまうのですが、そんな時でも保湿がしっかりしていれば、大人ニキビも肌トラブルも少ないと言われています。

 

正しい大人ニキビのケアとしては、とにかく肌に合う保湿を見つけることにあるとされています。
そして、それが年ごとに変わっていくことを認識しましょう。
よく30代の化粧品とか、50代の化粧品と言われていますが、違いは保湿力の高さだと言われています。
スキンケアだけが原因ではない大人ニキビですが、保湿がきちんと肌にあっていれば、ニキビ回避も可能です。

 

そして、日々抱えるストレスに対しての解消。
これも大人ニキビには必要なことで、自分に合う適度なストレス回避を見つけましょう。
スキンケアとともに大切なことです。

 

▲戻る

更新履歴