大人ニキビを治す方法

大人ニキビと思春期ニキビ

大人ニキビも思春期のニキビもできるメカニズムそのものは同じです。
ニキビの2大要因は過剰に分泌される皮脂と毛穴の詰まりです。余分な皮脂が酸化したり、古い角質が剥がれずに毛穴に残ったままで角栓になることで、皮膚内にニキビ菌が増殖し、炎症を起こしてニキビになる、というのがニキビのメカニズムです。

 

しかし、大人ニキビと思春期のニキビは、できるメカニズムは似ていてもできる原因や対策が大きく異なります。それは大人と思春期では、身体の状態が異なっているからです。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビはおもに成長期によるホルモンバランスの変化が原因で、一時的に男性ホルモンが多く分泌されて、その結果皮脂が過剰に分泌されることによって起きます。場所はおでこや鼻周りのTゾーンにできやすく、思春期が過ぎた頃にホルモンバランスが整ってくると落ち着く傾向があります。対策も、基本的には溜まった皮脂やニキビの原因となりやすいアクネ菌を洗い流し繁殖させないようにすることがメインとなります。

 

大人ニキビ

一方大人ニキビは、おもに生活習慣の乱れとストレスによる過剰な男性ホルモンによって分泌される皮脂が増加し、同時に肌が乾燥化して肌のターンオーバーが乱れることで角質が厚くなることで起きる傾向があります。ただ他にも活性酵素によるもの、加齢による肌の劣化、生理前のホルモン分泌の変化などの要因もあり、皮脂関連以外にもさまざまな要因が複雑に絡み合っているといわれており、厳密には解明されていません。
場所はあごや口の周り、フェイスラインのUゾーンにできやすいこと、同じ場所に繰り返し出来やすく、直りにくい傾向があります。
また、思春期のニキビと比べて一面に炎症がでるのではなくぽつりぽつりとでる傾向があります。一度ニキビができると、その炎症がきっかけで肌の表面に角質が厚くなるため、同じところにニキビが出来やすくなります。

 

対策はニキビの出来た箇所によって原因が違ってくるために、対処方法もそれらの箇所に応じた対策を打つ必要があります。また部分部分のスキンケアのほかにも、栄養バランスの取れた食生活や睡眠を心がけることではじめてニキビを改善することができます。

 

また同じ場所に繰り返すニキビに対しては炎症による角質増殖を抑えるトラネキサム酸入りのものをつかうことで改善することが出来ます。
似ているようで異なるのが、大人ニキビと思春期のニキビ。原因に応じた正しい対策をうっておくことがニキビ改善の近道なのです。

更新履歴