30代 大人ニキビを治す方法

30代 大人ニキビを治す方法

30代に出来るニキビというのは、あなたが思っている以上にやっかいだったりします。
しかも従来のニキビケア対策の化粧品類ではなかなか直らない…人知れず悩んでいる人も少なくありません。時には皮膚科の門戸を叩いたりしたひともいるでしょう。でも、実は大人ニキビ、それも30代以降の大人ニキビは従来のニキビ治療では通用しなくなっているのです。
30代の大人ニキビを考える際に抑えておきたいのが、肌の乾燥傾向です。実は20代、30代と年齢を重ねるごとに肌の水分量は減少してしまいます。肌の水分量が少なくなると、肌の表面はうるおいがなくなりカサカサしがちになります。その好き前にメイクの汚れや空気中の雑菌・ほこり、肌に残った角質などが入り込んでしまい、乾燥によって刺激に弱くなった肌は
簡単に炎症が起きてしまい、大人ニキビになってしまいます。また一見大人ニキビが治ったように見えても、実は炎症のもとが内側に火種としてくすぶっている場合があり、 最初の炎症がひどければ酷いほど、同じ場所にできる大人ニキビの確率は高まります。つまり一回炎症を起こした毛穴は、もう大人ニキビの毛穴になってしまっているのです。
そのため、20代の時以上に従来のアクネ菌殺菌や過剰分泌の皮脂除去とは違うアプローチ、「繰り返す大人ニキビの原因を根本からアプローチ」、すなわち肌の保湿やうるおいに気を遣った皮脂コントロールをしたスキンケアをしなければならないといえます。
また、20代以上に気をつけたいのが生活習慣、それも特に食生活です。そのなかでもクローズアップしたいのが食物繊維です。食物繊維は胃腸を掃除し整える作用があるのですが、この機能が低下すると排泄物が外に出ずに体内全体に汚れがたまっていき、次第に血流にも不要な成分、毒素が入り込んでしまいます。もちろんこれは肌にも悪影響を及ぼしていきついには大人ニキビを始めとした肌荒れの原因になります。女性には多い便秘ですが、実は便秘は思った以上に身体に良くないのです。もちろん、栄養素はできるだけサプリメントで取るのではなく、食品からしっかり摂ることが肝要になってきます。
もちろん、これらのこと以外にも大人ニキビ改善のためには睡眠や生活習慣にも気を遣わないといけません。30代というのは20代では何とかなっていた無理が利かなくなっているのです。これまで以上に肌に、身体に気を遣うこと、これが30代大人ニキビの治し方の極意だと言えます。

30代 大人ニキビを治す方法関連ページ

20代 大人ニキビを治す方法
アンケート調査によると、「ニキビができる」と答えた20代女性は約87%にのぼるといわれています。(化粧サイト「@コスメ」の調査では92%!)しかも、そのうちの9割の女性が「全く同じ場所」あるいは「同じような場所」にニキビが繰り返し出来ていると答えています。
40代 大人ニキビを治す方法
最近は40代以降の大人ニキビを思春期のニキビとは別に「アダルトニキビ」と呼ぶところが増えてきました。特にこの時期の大人ニキビは思春期のニキビとは性質が違うので、なかなか治りにくく、治っても繰り返しできてしまうのが厄介なところです。ニキビ跡も残りやすいので、このさきこのニキビ跡と付き合わなくちゃいけないのか…と鏡を見て悩む人もいます。