40代 大人ニキビを治す方法

40代 大人ニキビを治す方法

最近は40代以降の大人ニキビを思春期のニキビとは別に「アダルトニキビ」と呼ぶところが増えてきました。特にこの時期の大人ニキビは思春期のニキビとは性質が違うので、なかなか治りにくく、治っても繰り返しできてしまうのが厄介なところです。ニキビ跡も残りやすいので、このさきこのニキビ跡と付き合わなくちゃいけないのか…と鏡を見て悩む人もいます。
40代の大人ニキビを治す際に抑えておきたいのが、ホルモン。ホルモンのバランスが崩れてくると男性ホルモンが過剰になって皮脂腺が刺激されてしまい、肌の新陳代謝、ターンオーバーが崩れ、皮脂の過剰分泌や角質の厚くなり、ニキビが起こりやすい原因になるのですが、女性の場合、思春期以外にも30代?40代にも増加する傾向があります。女性の肌は男性に比べても毛穴が小さいので目詰まりを引き起こしやすいのですが、30代?40代のホルモン分泌によって皮脂の量が多くなり、ニキビになりやすくなるのです。このホルモンバランスはストレスや生活習慣の乱れで崩れてしまいます。普段から、ストレスを発散したり、正しい栄養バランスの取れた食生活を送り、睡眠をしっかり取ることである程度整えることが出来ます。
また同時に30代?40代の肌は皮脂の過剰分泌によって、肌の体質が乾燥肌よりになります。皮脂は基本的に油分で出来ています。なので外の雑菌から守るバリア機能は持っているのですが、内側から肌を強くする保湿機能はあまり期待できないのです。さらに乾燥している肌の角質は剥がれることなく皮膚の表面にこびりついてしまいます。この何層にも重なっていく角質が毛穴に入り込んでしまい、大人ニキビになってしまうのです。
そのため、ニキビケアをする際には皮脂の除去もさることながら、表面に張り付いた角質をノリ除くこと、少なくなった肌に水分を与え、同時に内側から保湿することで毛穴の状態を良くし汚れが落ちやすい健康な肌にすることが大切になってきます。毛穴が開いてくると、アクネ菌などの肌の常在菌に過剰に反応してしまう白血球やその残骸などの余計な不純物を外へ排出することができるのです。そのための化粧水にも「導入型」を使いたいところ。この「導入型」はビタミンCなどの化粧水や美容液の美肌成分を肌が吸収するのを助けます。肌に美容成分を浸透させることによって肌自体に保湿機能を持たせることが出来るのです。
思春期のニキビと大人ニキビでは大分原因や対策が異なってきます。大人ニキビの出来る原因と対策方法を知り、できてしまった大人ニキビとニキビ跡の治し方について学び美しい肌をキープする生活を送りましょう。

40代 大人ニキビを治す方法関連ページ

20代 大人ニキビを治す方法
アンケート調査によると、「ニキビができる」と答えた20代女性は約87%にのぼるといわれています。(化粧サイト「@コスメ」の調査では92%!)しかも、そのうちの9割の女性が「全く同じ場所」あるいは「同じような場所」にニキビが繰り返し出来ていると答えています。
30代 大人ニキビを治す方法
30代に出来るニキビというのは、あなたが思っている以上にやっかいだったりします。しかも従来のニキビケア対策の化粧品類ではなかなか直らない…人知れず悩んでいる人も少なくありません。時には皮膚科の門戸を叩いたりしたひともいるでしょう。でも、実は大人ニキビ、それも30代以降の大人ニキビは従来のニキビ治療では通用しなくなっているのです。