大人ニキビを治す 食事

大人ニキビを治す方法 食事

大人ニキビを直すには、普段からの食事も心がけたいところです。
大人ニキビを治す際に避けたい食べ物は甘い物や脂っぽい物、刺激の強いものです。チョコレートやケーキなどの甘い物には砂糖が含まれていますが、糖質を単独で多く摂取すると皮脂の分泌が促進させてしまいます。もちろん肉中心の油っぽい物も皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。また辛い食べ物は新陳代謝をアップする効果はあるのですが、日本人の体質には辛い物は向いていないために辛い物の刺激でニキビが出来やすくなります。
一方でニキビを抑える食べ物もあり、それはビタミン類や食物線維、亜鉛の栄養素がキーワードになります。ビタミン類はイチゴやグレープフルーツなどの果物、人参、小松菜の緑黄色野菜、アーモンドなどの様々な食べ物に含まれています。ただ一種類だけでなく複数のビタミンを効果的にバランス良く摂取した方がより高い効果を得ることが出来ます。特にビタミンB6やB2。チーズの乳製品や鶏もも肉、レバー、イワシなどの青魚、納豆や大豆などに含まれています。ビタミンB6やB2は肌を美しくする効果があるので、肌をキレイにしたい人は是非とも摂りたいところ。牛乳や食物繊維はサツマイモやバナナ、納豆、モロヘイヤ、アボガドなどに含まれています。食物線維は腸内環境を整えて、大人ニキビの原因の一つである体内酵素が身体に溜めないようにしてくれます。特に普段から便秘に悩まされているのなら、食物繊維を摂る必要があります。また俗説にニキビに良くないと言われているアーモンドもビタミンEを摂るのには良いとされています。ビタミンEは身体の酸化を防いでくれるので、ニキビの出来にくい肌を作り出してくれるのです。
亜鉛は、チーズやごま、抹茶や牛肉、大豆や納豆に含まれています。亜鉛には身体の新陳代謝を活発にして、ターンオーバーを正常にする効果があります。
また、カルシウムも大人ニキビにはよいとされています。カルシウムは牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品や小魚に含まれています。カルシウムはイライラを押さえる効果があり、ストレスに強い身体を作ることが出来ます。
またニキビ改善に必須というべきなのが納豆や大豆類。大豆にはホルモンバランスを整えるイソフラボンが含まれており、ニキビだけではなく肌を美しくする効果がありますので、おさえておきたいところです。
しかしこれらのニキビによい食べ物もそれだけ食べていては効果は半減します。満遍なくバランスを取った食事が一番のニキビ改善になるのです。